NYダウ (16日終値)
40,954.48
+742.76
1.84%
S&P500 (16日終値)
5,667.20
+35.98
0.63%
ナスダック (16日終値)
18,509.34
+36.77
0.19%
探検
  • トップ
  •  >  米国株
  •  >  テーマ
  •  >  【金利上昇メリット】テーマ
  • 金利上昇メリット関連が株式テーマの銘柄一覧
    新型コロナウイルスによる景気後退懸念から大きく落ち込んだ金利に上昇機運が台頭している。インフレを抑制するために、米連邦準備理事会(FRB)は従来の量的緩和から金融引き締めに舵を切っており、世界の金融市場をみるうえで金利の動向は大きなポイントとなる。金利上昇局面では、貸出金利の利ザヤ拡大が見込める銀行や運用環境の改善が期待される生保といった金融セクターなどにメリットがあるとみられている。その一方、多額の有利子負債を抱える企業や経営不振企業などにとっては金利負担が膨らむため、金利上昇はデメリットに働く場合がある。

    株探プレミアムに登録すると...

    初回30日間無料!

    株価がリアルタイムになりPER等が表示され、市場別や種類別でフィルタできます。

    件数 15 30 50
    2024年07月17日 05:52現在 56銘柄
     株価 15分ディレイ
    ティッカー
      
    銘柄名
    株価
      
    前日比
      
    出来高
      
    PER
      
    利回り
      
    AFL 93.55 +0.18 +0.19% 1,887,760
    AIG 78.29 +0.67 +0.86% 3,868,477
    AMP 429.05 -16.75 -3.76% 1,056,810
    ASB 23.46 +1.13 +5.06% 1,705,890
    BAC 44.13 +2.24 +5.35% 75,842,506
    BBD 2.36 +0.04 +1.72% 16,944,763
    BK 65.02 -0.69 -1.05% 5,197,440
    BLK 843.94 +20.98 +2.55% 744,396
    BOH 66.24 +3.25 +5.16% 453,589
    BOKF 101.99 +3.81 +3.88% 209,461
    BSBR 5.27 +0.08 +1.54% 355,018
    C 67.27 +2.13 +3.27% 21,009,706
    CAC 38.82 +2.51 +6.91% 80,445
    CFG 39.60 +0.94 +2.43% 8,402,939
    CI 339.71 +8.29 +2.50% 1,161,102
    * PER欄において、黒色「-」はデータ未整備、赤色「」はPERが赤字もしくは損益トントンであることを示しています。
    * 米国株のPERはTTM(Trailing Twelve Months)EPS(希薄化後1株利益)を元に算出しています。
    TTMは米国において一般的に用いられる業績の評価方法で、直近の12ヵ月(4四半期)の合計値を評価対象とします。
    例えば、開示されている最も新しい業績が2020年度の第1四半期の場合、2019年度第2四半期 + 2019年度第3四半期 + 2019年度第4四半期 + 2020年度第1四半期を合計した値を直近1年間の業績として評価します。
    EPSについては、決算書類に記載されている加重平均発行済株式数を元に算出しています。
    件数 15 30 50