NYダウ (17日終値)
40,003.59
+134.21
0.33%
S&P500 (17日終値)
5,303.27
+6.17
0.11%
ナスダック (17日終値)
16,685.96
-12.35
-0.08%
探検
  • トップ
  •  >  米国株
  •  >  市場ニュース
  •  >  ヴァージン・ギャラクティックが下落 株式併合を提案=米国株個別
  • 銘柄ニュース
    戻る
    2024年4月20日 4時17分

    ヴァージン・ギャラクティックが下落 株式併合を提案=米国株個別

    (NY時間15:15)(日本時間04:15)
    ヴァージン・ギャラクティック<SPCE> 0.86(-0.11 -11.29%)

     有人宇宙飛行サービスのヴァージン・ギャラクティック<SPCE>が下落。株式併合を提案した。きのう米証券取引委員会(SEC)に提出された資料によると、6月12日の株主総会で2株から20株の間の株数を1株にする株式併合の承認を求める予定だという。具体的な割合と時期については今後取締役会が決定するとしている。

     同社は声明で「株価をテクニカル的に上昇させる株式併合によって投資家の評価を高め、NY証券取引所への上場維持を支援する」と述べた。上場廃止を回避するためには、30日間の終値平均で1ドル以上を維持しなければならない。同社株は今週初めて1ドルを割り込み、ここ2日間は終値が1ドルを下回っている。

    【企業概要】
     個人及び研究者向けに有人宇宙飛行サービスを提供する。独自の再利用可能な技術と顧客体験に基づき、数分間の無重力状態と宇宙からの地球の眺めなど複数日にわたる飛行体験を顧客に提供するように設計された宇宙飛行システムを開発する。

    MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

    株探ニュース