NYダウ (9日10:50)
33,698.74
-82.74
-0.25%
S&P500 (9日10:50)
3,958.14
-5.37
-0.14%
ナスダック (9日10:45)
11,082.41
+0.41
0.00%
探検
  • トップ
  •  >  米国株
  •  >  市場ニュース
  •  >  11月29日開催!株探プレミアムセミナー <齋藤正勝のマーケット情報最前線> 11月号
  • 銘柄ニュース
    戻る
    2022年11月24日 11時40分

    11月29日開催!株探プレミアムセミナー <齋藤正勝のマーケット情報最前線> 11月号

    齋藤正勝(ミンカブ・ジ・インフォノイド取締役副社長兼COO)


    「齋藤正勝のマーケット情報最前線・11月号」は終了しました。

    大勢のご参加、誠にありがとうございました。
    今回のセミナーを見逃し配信いたします。



    ↓↓↓ 見逃し配信はこちらから! ↓↓↓

    日本株プラン・日米セットプランの方はこちら

    米国株プランの方はこちら

    ------------------------------

     11月29日(火)19時から、恒例の株探プレミアムセミナー「齋藤正勝のマーケット情報最前線・11月号」を開催します。

     セミナーは当ページから参加可能です。


    ╋╋・‥… 予告 …‥・╋╋

     米国のインフレ鈍化をきっかけに、株式、債券、為替の各市場が反転しています。米連邦準備理事会(FRB)による利上げペースが減速するとの思惑が背景にあります。

     注目を集めた10日発表の10月米CPI(消費者物価指数)の伸び率は事前予想を下回りました。これを受けて、NYダウは前日比1201ドル高と急騰し、ナスダックは同7.4%の上昇を記録しました。いずれも2年半ぶりの高い水準です。

     債券市場は米長期金利の上昇基調に歯止めがかかり、外国為替市場では11日に1ドル=138円台まで一気にドル安・円高が進みました。10月21日に一時1ドル=152円に迫ってからわずか3週間で約13円も上昇したことになります。

     一方、その後はFRBの高官から金融引き締めに積極的なタカ派発言が相次いだことで、ドル円相場はじりじりと円安方向へ戻し、株式市場も日米ともに上値が重い展開となりました。

     利上げを早く織り込みたい株式市場と、歴史的な高インフレを沈静化させたいFRBによる綱引きが続くなか、年末年始に向けてマーケットはどこに向かうのでしょうか―――。世界的な企業の業績悪化や地政学リスク、中国の新型コロナ感染拡大、そして暗号資産取引所FTXの経営破綻などの影響も気になるところです。

     株探プレミアムセミナー「齋藤正勝のマーケット情報最前線」11月号は、齋藤正勝が築き上げてきたネットワークから収集した最新の経済情勢、政治動向、マーケット予測など、今月も盛りだくさんの内容でお送りします。

    ※当日までの情勢で内容は変動します。


    <メッセージ&ご質問受付中!>
     当セミナーでは皆様からのメッセージやご質問を受け付けています。

     いただいたご質問にはセミナー内のコーナー「教えて齋藤さん」で、講師の齋藤から直接回答させていただく場合がございます。

     マーケット動向についての質問などがございましたらお気軽にご投稿ください。
     齋藤講師、ラジオNIKKEIキャスター・岸田さんへのメッセージもお待ちしております。

    ご質問&メッセージはこちら


    <株探プレミアムセミナー>
    標題:齋藤正勝のマーケット情報最前線・11月号
    講師:齋藤正勝(ミンカブ・ジ・インフォノイド取締役副社長兼COO)
    司会:岸田恵美子(ラジオNIKKEIキャスター)
    日時:2022年11月29日(火) 19:00~20:00
    形式:オンラインセミナー(Zoomウェビナー)
    登録:事前登録不要
    対象:株探プレミアム会員

    ※当日ご覧になれない方は、セミナー終了後の見逃し配信をご利用ください。
     引き続き当ページでご案内いたします。


    ↓↓↓ セミナー入り口は2ページ目に! ↓↓↓

    日本株プラン・日米セットプランの方はこちら

    米国株プランの方はこちら



     




    株探ニュース
    モバイル版はコチラ