NYダウ (9日10:14)
33,690.17
-91.31
-0.28%
S&P500 (9日10:14)
3,956.44
-7.07
-0.18%
ナスダック (9日10:09)
11,078.94
-3.06
-0.03%
探検
  • トップ
  •  >  米国株
  •  >  市場ニュース
  •  >  議事録を受けダウ平均は上昇に転じる 12月利上げは0.50%ポイントとの見方裏付ける=米国株後半
  • 銘柄ニュース
    戻る
    2022年11月24日 5時35分

    議事録を受けダウ平均は上昇に転じる 12月利上げは0.50%ポイントとの見方裏付ける=米国株後半

    NY株式23日(NY時間15:20)
    ダウ平均   34241.16(+143.06 +0.42%)
    ナスダック   11306.88(+132.47 +1.19%)
    CME日経平均先物 28370(大証終比:+250 +0.88%)

     NY時間の終盤に入って、ダウ平均はプラス圏での推移となっている。途中マイナスに転じる場面も見られたものの、午後に発表になった11月1、2日分のFOMC議事録を受けて、ダウ平均は上昇に転じている。

     議事録では、大半が利上げペースの早期減速を支持していたことが明らかになったほか、様々な委員がターミナルレート(最終着地点)を以前よりも高い水準で見ていることが示された。新たな発見は何もなかったが、改めて12月FOMCでの利上げは0.50%ポイントとの見方を裏付ける内容ではあった。市場は現在、12月は0.50%ポイント、来年は0.25%ポイントずつの通常幅で利上げを続けると予測している。

     ただ全体的には、明日の感謝祭と金曜日のブラックフライデーを前に様子見の雰囲気も強い。

     テスラ<TSLA>が続伸。アナリストが投資判断を「中立」に引き上げ、目標株価を176ドルとした。短期的なリスク・リワードは年初来の50%超の株価下落を受けて均衡が取れたとしている。

     農業機械のディア<DE>が決算を受け上昇。農産物の価格高騰がトラクター需要を刺激し続け、サプライチェーンの制約が緩和される中、来年は純利益が過去最高に急増すると予想している。

     英プロサッカークラブのマンチェスター・ユナイテッド(マンU)<MANU>が大幅高。オーナーの米グレイザー家が完全売却を含む戦略的代替策を探っていることが明らかとなった。

     百貨店のノードストロム<JWN>が決算を受け下落。粗利益率が予想を下回ったことが嫌気されている。

     AMC<AMC>、シネマーク<CNK>といった映画館株が買われた。アマゾン<AMZN>が劇場公開用の映画に年10億ドルの投資を計画していると伝わったことが好感されている。

     設計ソフトウェア開発のオートデスク<ADSK>が決算を受けて下落。ビリング(未収請求を考慮した売上高)が予想を下回ったことが嫌気された。

     住宅用地下プールの建設のレイサム<SWIM>が大幅高。元CEOで創業家のレイヴン氏が1株2.89ドルから2.98ドルで1万5000株を購入した。

    アップル<AAPL> 151.32(+1.14 +0.76%)
    マイクロソフト<MSFT> 248.06(+3.03 +1.24%)
    アマゾン<AMZN> 94.52(+1.32 +1.42%)
    アルファベットC<GOOG> 99.00(+1.67 +1.72%)
    テスラ<TSLA> 183.20(+13.29 +7.82%)
    メタ・プラットフォームズ<META> 112.44(+1.00 +0.90%)
    AMD<AMD> 76.56(+1.31 +1.74%)
    エヌビディア<NVDA> 164.97(+4.59 +2.86%)

    MINKABU PRESS編集部 野沢卓美
    モバイル版はコチラ