NYダウ (16日終値)
34,152.01
+239.57
0.70%
S&P500 (16日終値)
4,305.20
+8.06
0.18%
ナスダック (16日終値)
13,102.54
-25.50
-0.20%
探検
  • トップ
  •  >  米国株
  •  >  市場ニュース
  •  >  ダウ平均振幅後落ち着いた動きに=米国株後半
  • 銘柄ニュース
    戻る
    2022年8月6日 4時11分

    ダウ平均振幅後落ち着いた動きに=米国株後半

    NY時間の後半に入ってダウ平均は前日比終値付近での推移に。 前日比は、ダウ工業株30種平均が0.42ドル高の3万2727.24ドル、ナスダック総合指数が114.91安の1万2605.67。

    この日の米雇用統計の好結果を受けて、米国株は寄り付きから大きく値を落とした。9月のFOMCで0.75%の利上げを実施するとの思惑が広がったことが背景にある。ただ、米景気自体の堅調さが意識される中で、下がったところからは買いが出ている。

    一時87ドル前後を受けたNY原油先物が値を戻したこともあり、シェブロン、エクソンモービルなどの石油株が堅調。金融株もしっかり。

    GAFA関連ではテスラが大きく値を落としている。株式分割後の上昇に調整の動き。メタ、アマゾンなども軟調。ツイッターがしっかり。

    通期見通しを引き下げ、いったん売りが出た後大きく反発している代替肉のビヨンド・ミートが20%を超える上昇。目標を切り上げたシステムソリューションのクラウドフレアも25%前後の上昇。

    ビヨンド・ミート 37.55(+6.16 +19.61%)

    パラマウント・グローバル 24.00(-1.31 -5.18%)

    クラウドフレア 73.08(+14.65 +25.07%)

    チェグ 23.56(+1.93 +8.92%)

    アルファベット(C) 117.73(-1.14 -0.96%)

    フェイスブック 166.18(-4.39 -2.57%)

    ネットフリックス 225.38(-4.53 -1.97%)

    テスラ 862.00(-63.90 -6.90%)

    アマゾン 140.11(-2.46 -1.73%)

    エヌビディア 188.94(-3.21 -1.67%)

    ツイッター 42.16(+1.10 +2.67%)

    エクソンモビル  88.81(+1.62 +1.86%) 

    シェブロン  154.13(+2.99 +1.98%) 

    JPモルガン 115.85(+3.49 +3.11%)

    ゴールドマン  334.77(+2.90 +0.87%)

    MINKABU PRESS

    モバイル版はコチラ