NYダウ (16日終値)
34,152.01
+239.57
0.70%
S&P500 (16日終値)
4,305.20
+8.06
0.18%
ナスダック (16日終値)
13,102.54
-25.50
-0.20%
探検
  • トップ
  •  >  米国株
  •  >  市場ニュース
  •  >  利上げペース鈍化懸念後退で一時株安も買い戻し目立つ=米国株序盤
  • 銘柄ニュース
    戻る
    2022年8月5日 23時47分

    利上げペース鈍化懸念後退で一時株安も買い戻し目立つ=米国株序盤

    きょうのNY株式市場でダウ平均は続落で始まったものの、買い戻しが目立った。前日比は、ダウ工業株30種平均が54.47ドル安の3万2672.35ドル、ナスダック総合指数が46.82安の1万2673.76、S&P500が3.05安の4148.89。

    注目された本日の米雇用統計は、非農業部門雇用者数(NFP)が予想を大きく上回る52.8万人増、前回値も上方修正、失業率が予想外に低下、平均時給が予想外に上昇など、著しく強い結果となった。

    この結果を受けて、次回9月の米連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げ幅縮小見通しが後退。金利先物市場動向からみた利上げ見通しでは、雇用統計前まで66%台と約3分の2の織り込みを見せていた0.5%見通しが30%割れまで。代わって前日まで33%前後の織り込みと少数派となっていた0.75%利上げ見通しが70%を超える織り込みとなった。

    こうした動きを受けて、ダウ平均は大きく下げて始まった。一時32500ドルを割り込み、前日比230ドル強の下げを見せたが、その後は米景気の力強さを好感した買い戻しが入り、前日比プラス圏を回復する動きを見せた。

    個別株でも弱く始まった後、買いが入る場面が見られ、通期見通しが弱かった代替肉大手ビヨンド・ミートがマイナス圏から一気の上昇。ソフトウェア関連の上昇も目立ちクラウドフレアなどが強い。

    87ドル前後まで下げていたNY原油が90ドルを超えるなど、原油安一服したこともあり、石油メジャーシェブロンやエクソンモービルなどが売られている。

    ダウ採用銘柄ではシェブロンのほかに、大手金融機関のJPモルガン、ゴールドマンサックスなどが堅調。

    GAFA関連ではテスラが弱く、ツイッターなどが好調。

    ビヨンド・ミート 38.00(+6.61 +21.06%)

    クラウドフレア 72.50(+14.07 +24.08%)

    ノートンライフロック 25.50(-1.10 -4.14%)

    ネットフリックス 227.84(-2.07 -0.90%)

    テスラ 903.78(-22.12 -2.39%)

    ツイッター 41.81(+0.75 +1.83%)

    エクソンモビル  89.10(+1.91 +2.10%) 

    シェブロン  154.18(+3.04 +1.96%) 

    JPモルガン 115.71(+3.35 +2.95%)

    ゴールドマン  334.72(+2.85 +0.86%)

    MINKABU P

    出所:MINKABU PRESS

    モバイル版はコチラ