NYダウ (24日終値)
31,500.68
+823.32
2.68%
S&P500 (24日終値)
3,911.74
+116.01
3.05%
ナスダック (24日終値)
11,607.62
+375.43
3.34%
探検
  • トップ
  •  >  米国株
  •  >  市場ニュース
  •  >  サミットが時間外で下落 取締役会がライツ・オファリングを承認=米国株個別
  • 銘柄ニュース
    戻る
    2022年6月23日 6時01分

    サミットが時間外で下落 取締役会がライツ・オファリングを承認=米国株個別

    医薬品のサミット・セラピューティクス<SMMT>が引け後に下落。同社の取締役会がきょう、7月5日の市場終了時点における当社普通株式の株主全員を対象とする1億ドル規模の新株予約権無償割当(ライツ・オファリング)を承認した。

    (NY時間16:48)時間外

    サミット<SMMT> 0.99(-0.09 -8.33%)

    MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

    モバイル版はコチラ